2009年08月12日

譜めくりデビュー♪

デビューって・・・一体トシいくつじゃ!?(笑)

先日 あるバイオリンの発表会にスタッフとして参加させていただき ピアノ伴奏の譜めくりをやらせていただいた。

もう6年ほど前になるが ネットを始めたばかりの頃お知り合いになったアマチュアバイオリン奏者のOさんが 師事されている先生の発表会でかじやんとアンサンブルをされるということで 以前から譜めくりを頼まれていた。
それが 偶然にもM先生がその発表会で生徒さんの伴奏をされることになっていて かじやんの譜めくりをするのなら ついでに、とM先生の伴奏の譜めくりもやることに。
あのぉ〜〜・・・私楽譜アレルギーなんですが??(笑)

「はい!やりますっ!!」とは即答出来なかったのだけど かじやんの譜めくりはやるのに 先生の譜めくりはやらないってのもおかしな話だし 失敗は出来ない!というプレッシャー(弾くわけでもないのに)はあるものの、自分にとって必ずプラスになるはず、と やってみることにした。

事前に楽譜を貸していただけた曲もあり それについては多少は予習出来たのだけど それ以外の曲はほとんど知らない。
本格的な(?)譜めくりは初めてで 不安でいっぱいだったのだが たまたま本番前日の合わせの練習に呼んでいただいて 実際にやってみることが出来たので助かった。

しかし 最初からうまくいくはずもなく M先生からはダメ出し連発。
なんでも 弾き手は少し先を見ながら弾いているので ジャストのタイミングでめくるのでは遅すぎるらしい。

・・・え?みなさん、先を見ながら弾いているのですか?(滝汗)

そんなこんなで迎えた本番当日、途中で譜を見失って青くなったり めくる楽譜がうまくつかめず焦ったり 何度も肝を冷やしたけど 大きな失敗もなくなんとか無事に終えることができた(無事と思っているのは私だけか??)。

ひとつ残念だったのは せっかくの演奏を客席で鑑賞できなかったこと。譜を追うのに必死で 演奏を楽しむ余裕もなかった。当たり前ちゃ〜〜当たり前か。
でも バイオリンの先生とM先生の演奏は本当にすごかった。横で譜を追いながらも引き込まれて鼻血出そうだったし。
曲はグリーグのバイオリンソナタ第3番。譜めくりのために初めて音源を聞いたのだが もろ私のツボにハマった。
味わい深くて難解で大人な曲もいいけど やっぱりわかりやすくて一度聴いただけで好きになるようなストレートな曲に惹かれる。楽譜をよく見たら・・やっぱり、ハ短調でした爆弾どんっ(衝撃)(爆)。


ピアノ以外の楽器の方々とも交流が持てたし ステージに長時間座っているような機会も普通はないので とてもよい勉強になった。
神経は遣ったけど このような貴重な機会を与えてくださったM先生に感謝。あまりしり込みせずに こういうことは積極的にやってみるべきなんだと思う。

ピアノの後のビールはサイコーだけど 譜めくりの後のビールもチョ〜〜おいしかった。
結局締めくくるのはいつも酒か。。。
 
posted by まつやん at 23:59| Comment(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。