2010年01月04日

ゆずマーマレードのパウンドケーキ

201001041604000.jpg
あけましておめでとうございます。
みなさん よい年を迎えられたことと思います。
個人的には 去年は「試練と辛抱の年」だったのですが 今年はラッキーがたくさんやってくるといいな。



職場の同僚にゆずをたくさんいただいたので 手作りジャム(マーマレード)にしました。
パンにつけるだけじゃ芸がないな・・と思い パウンドケーキの生地に混ぜ込んで焼いてみたら 意外にイケる!
他のジャムでも同様に焼けますが ジャムの甘さで砂糖の量を調整してください。
ちなみに ゆずジャムの砂糖の量は ゆずの45%くらいで作りました。
ジャム自体は甘いですが ケーキにすると甘さ控えめです。


★材料
バター・・・100g
砂糖・・・60g
薄力粉・・・90g
アーモンドプードル・・・30g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/2
卵・・・2個
マーマレード・・・60g
オレンジ系リキュール・・・大さじ1(今回はコアントローを使いました)

★下ごしらえ
◎卵とバターを冷蔵庫から出し 室温に戻しておく。
◎薄力粉とアーモンドプードルとベーキングパウダーを合わせて2回ふるう。
◎パウンド型にオーブンペーパーを敷く。
◎オーブンを170〜180度に余熱する。

★作り方
@室温に戻しておいたバターをハンドミキサーで攪拌し 白っぽくふわっとなったら砂糖を3回くらいに分けて加え その都度よく混ぜる。
A卵をよく溶いて 分離しないよう少しずつ加えていく。
(もし分離したら ふるっておいた粉をひとつかみ加えて混ぜる)
Bマーマレード、リキュールを順に加え ふるっておいた粉類を切るように混ぜる。
C出来あがった生地をパウンド型に流し込み 170〜180度に余熱しておいたオーブンで50〜1時間焼く。(オーブンに入れて10分後に一度取り出して 真ん中に切り込みを入れると形良く焼き上がります)
竹串を挿して焼け具合を確かめる。生の生地が付いてこなければ焼き上がり。

材料を順に混ぜていくだけなので そう難しくないですよ。試してみてね。
201001041605000.jpg 


200912260929001.jpg
こちらはCococoさんのサイトの「アーモンドクッキー」。
レシピが紹介されているので 興味を持たれた方は見てみてね。
さくさくしていておいしい♪おススメですぴかぴか(新しい)
posted by まつやん at 21:15| Comment(4) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

紅茶クッキー

せっかく卵を買ったのに 帰りに割れてしまったことはありませんか?
特売してたので喜んで買ったのに 10個のうち3個も割れてしまい 布製エコバッグから卵液がもれてポタポタ・・・最悪もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)
幸い割れた3個のうち卵黄1個がなんとか無事だったので 捨てるのももったいないし クッキーにしてみました。
作り方も簡単なので 私と同じ目に遭った方は 是非お試しくださいるんるん

200908151520000.jpg

材料
バター・・・60g
グラニュー糖・・・40g
卵黄・・・1個分
薄力粉・・・120g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/4
バニラオイル・・・少々
紅茶の葉(アールグレイがよい)・・・小さじ1

作り方
@薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
紅茶は小型すり鉢(100円ショップにあります)ですりつぶして細かくしておく。
A室温にしばらく置いて柔らかくなったバターをハンドミキサーでクリーム状にし 少しずつグラニュー糖を加える。
じゃりじゃりした感じがなくなったら卵黄を なめらかになったらバニラオイル、紅茶の葉を加える。
Bふるっておいた粉類を2回に分けてへらで混ぜ ひとまとめにする。出来上がった生地が柔らかくて扱いにくい時は 生地をビニール袋に入れて30分ほど冷蔵庫で休ませる。
C生地を直径3cmほどの棒状にまとめ まわりにグラニュー糖(分量外)をまぶしてラップに包み 冷凍庫で凍らせる。(この状態で冷凍保存も出来ます)
Dオーブンを180度に余熱する。
生地を4〜5mmの輪切りにして天板に並べ 12〜15分焼く。
posted by まつやん at 17:35| Comment(12) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

混ぜるだけ!簡単マドレーヌ

最近 お菓子ネタばかりですが(^_^;)
お菓子作りに興味はあるけど 難しそうで・・と躊躇しているそこのアナタ!まずは簡単に出来るものから始めてみてください。
材料は手近なものばかりだし 食べたいと思ったらすぐに挑戦出来ますパンチ ○福さん、いかがですか?

はちみつレモンマドレーヌ
mador.jpg

☆材料
卵・・・・・・・・・・2個
無塩バター・・・・・・100g
薄力粉・・・・・・・・80g
アーモンドプードル・・30g
ベーキングパウダー・・小さじ1/2
グラニュー糖・・・・・70〜80g
はつみつ・・・・・・・20g
レモン汁・・・・・・・大さじ1〜2

☆下準備
卵は使う1時間(夏場は30分)前に冷蔵庫から出しておく。
バターは電子レンジで溶かしておく。
※焦がしバター(直火で溶かし 茶褐色になるまで加熱する)にすると よりおいしく出来ます。
薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。

☆作り方
@泡立て器で卵を溶きほぐし グラニュー糖を2〜3回に分けて加えながら その都度ぐるぐると混ぜる(泡立てる必要はない)。
砂糖のザラザラした感じがなくなったら はちみつ、次にアーモンドプードルを加える。ひたすらぐるぐる混ぜる。
Aふるっておいた粉類を2回に分けて加え 混ざったらレモン汁も入れる。
B溶かしバター(焦がしバターの場合は 沈殿物が入らないように茶漉しで濾しながら加えてください)を数回に分けて混ぜ合わせ 出来上がった生地を冷蔵庫で1時間以上ねかせる。
Cスプーンで生地をマドレーヌ型に入れ(膨らむので8分目くらいまで)180度に余熱しておいたオーブンで15分程度焼く。


200811141356001.jpg手作りのお菓子をプレゼントするなら ラッピングにも凝りましょうプレゼント

パウンドケーキをパラフィン紙で包みました。セロテープがくっつかないので 麻紐でとめますリボン
パラフィン紙は油分を表に通さないので便利です。















200902231135000.jpgこちらは 紅茶のパウンドケーキ。
透明フィルム(柄入り)で包みました(キャラメル包装)。
紙紐をかけ 結び目に花飾りを。金色シールでとめます。

ちなみに ラッピング用品はほとんど100円ショップで買ったもの。
お金をかけずにセンス良く、がモットーですぴかぴか(新しい)



posted by まつやん at 17:16| Comment(8) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

チョコパウンドケーキ

200902211643000.jpg

☆材料
無塩バター(ケーキ用マーガリン)・・・90g
粉砂糖・・・90グラム
卵・・・・・2個
薄力粉・・・・・・・・70g
ココア・・・・・・・・20g
ベーキングパウダー・・小さじ1/2
アーモンドプードル・・20g
板チョコ(ビター)・・50g
ラム酒・・・・・・・・大さじ1
アーモンドスライス・・適量

☆下準備
バターと卵を室温に戻しておく。
薄力粉、ベーキングパウダー、ココアは合わせてふるっておく。
出来れば粉砂糖もふるっておくとよい。
パウンド型に合わせて切った紙(オーブンシートなど)を型に敷く。
板チョコを小さく割り 電子レンジで溶かしておく(200wで様子を見ながら)。または湯せんで溶かす。
オーブンを180度に余熱する。

☆作り方
@ハンドミキサーでバターをクリーム状に練り 粉砂糖少しずつ加えながらふわっとするまで泡立てる。
A溶き卵を少量ずつ加えながらよく混ぜ(分離しないよう気を付けながら)溶かしておいたチョコレート、アーモンドプードル、ラム酒も加える。
Bふるっておいた粉類を2〜3回に分けて加え その都度ゴムべらで混ぜる。練らないように。
C用意しておいたパウンド型に流し入れ スライスアーモンドを散らして180度に温めておいたオーブンで約50分焼く。


家庭でおやつとして食べるのなら 板チョコ+ケーキ用マーガリンで充分だと思いますが 味にこだわるなら 製菓用のセミスイートチョコレート(クーベルチュールチョコレート)+発酵バターに変更すると本格的な味になります。

粉砂糖以外の砂糖でもかまいませんが 粉砂糖は粒子が細かいのでバターとすんなりなじみ 卵を加えても分離しにくく扱いやすいです。粉砂糖にはコーンスターチが含まれているので 仕上がりも少し軽くなります。チョコが入るとケーキが重くなるのでちょうどよいかも。

オーブンの温度と焼き時間は目安です。
中央に竹串を挿してみて 焼き具合を確認してください。


posted by まつやん at 23:54| Comment(8) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

甘いもの三昧

200902141610000.jpg 200902141618000.jpg
先日 ゼミでちょっとしたパーティーがありました。
バレンタインデーだったこともあり みんなでお菓子を持ち寄り ゼミの前にいただいたのですが 主役はM先生お手製のケーキ。

先生はお料理もお菓子作りもお上手で レッスンでも時々お菓子作りに例えて説明してくださいます。
次のゼミは ホワイトデー。まるで狙ったように(笑)。
今度は私も何か作っていこう。


200902160921000.jpgこちらは「小倉ケーキ」。
パウンド型で焼きますが 油も少なめだし卵黄が入ってないので かなりあっさりしています。作り方も簡単なので 是非作ってみてください。


☆材料(パウンド型1本分)
卵白・・・・・3個分
砂糖・・・・・40g
はちみつ・・・5g
ケーキ用マーガリン・・50g
ゆであずきの缶詰・・・1缶(200〜225g)
薄力粉・・・・100g
ベーキングパウダー・・小さじ1/2

☆下準備
薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
ケーキ用マーガリン(or無塩バターorサラダ油)は湯せんするか電子レンジで溶かしておく。
パウンド型に紙を敷く。
オーブンを180度で余熱する。

☆作り方
@メレンゲを作る。
卵白に砂糖の半分量(だいたいでよい)を加え ハンドミキサーで攪拌する。こしが出て角が立つ手前まできたら残りの砂糖を2〜3回に分けて加え 更に艶が出てしっかりと角が立つまで泡立てる。
最後にミキサーを低速にして1分。これで泡のキメが揃います。
Aはちみつ、溶かしバターを加える。バターは4〜5回に分けて。その都度ミキサーで混ぜる。
Bゆであずきを加え ゴムべらで混ぜる。まだよく混ざっていない程度のところでふるっておいた薄力粉を2回に分けて加える。なるべく泡を潰さないように。
C用意しておいた型に流し入れ 170〜180度のオーブンで45分ほど焼く。
竹串を挿してみて 何もついてこなければ焼けているので 荒熱が取れたら型から出して冷ます。
完全に冷める前に(ほんのり温かい程度)ポリ袋に入れるかラップで包む。焼き立てもいいけど 翌日食べると更においしい。


オリジナルのレシピはサラダ油使用で サラダ油だと軽い感じになります。
ゆであずきの甘さによって 砂糖の量を調節してください。
砂糖の種類を変えるとまた味も変わります。今回は三温糖を使いました。素朴なカンジ?
卵黄だけを使うお菓子や料理を作って卵白が余ったら 冷凍しておくと便利です。プリン型にラップを敷き 卵白(1個分)を入れて口を輪ゴムで止めて巾着型にします。そのまま冷凍します。
私は3つたまったらこのお菓子を作ることにしています。
どちらかというと ご年配向けのお菓子かも。ナゼか娘が大好きです(笑)。
 

posted by まつやん at 00:23| Comment(6) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

型抜きクッキー

200810051456000.jpg
ずっと欲しかったト音記号と♪の抜き型を ネットで購入。
ハートや星型はいくらでも売っているけど こういうのはお店で見たことがない。
音楽に興味がなくても ト音記号や♪は見た目がカワイくて好きな人が多いと思うのだけど なんで抜き型はないのかな〜と思っていた。

で、早速クッキーを作ってみたのだけど・・・・普及しない理由がちょっとわかったような気が((((((((^_^;)

初挑戦は 見事玉砕爆弾
ト音記号は首(?)のところが細くなっていて 型から外す時に折れてしまう。
生地が柔らか過ぎたのもいけなかった。

ということで レシピを見直し ある程度しっかりした生地になるように 配合を変更。
今度は前回に比べて随分抜きやすくなり どうにかこうにか完成♪
200810121544000.jpg

しかし 家族の感想は・・・

「言われなきゃト音記号に見えない。鳥系?アヒルか?」
「♪もビミョー。棒のところが太いよーー」

せっかく苦労して抜いたのにーーーーexclamation×2(ToT)バッド(下向き矢印)
形はイマイチだけど 食感はサクサクしていて 味もまずまずだったので みなさんも是非作ってみてね♪


かわいい材料
薄力粉・・・・・・150g
コーンスターチ・・30g
粉砂糖・・・・・・50〜60g
卵黄・・・・・・・1個
バター(ケーキ用マーガリン)・・50g
ショートニング・・50g

かわいい作り方
@薄力粉とコーンスターチを合わせてふるっておく。
A室温に戻しておいたバターとショートニングを クリーム状になるまで泡立てる。白っぽくなって泡立て器が軽くなったら 粉砂糖を2〜3回に分けて加える。卵黄も入れて なめらかな状態にする。
B泡立て器をゴムべらに替え ふるっておいた粉類を3回くらいに分けて 練らないよう切るように混ぜる。
Cまとまったら ビニール袋に入れて冷蔵庫で1〜2時間ねかせる。
D生地を5mmくらいの厚さに伸ばし 好みの抜き型で抜く。
E180度に余熱しておいたオーブンで15〜20分焼く。
200810121547000.jpg
posted by まつやん at 00:11| Comment(10) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

くるみのクッキー

ずいぶんお世話になったけど とうとう壊れました。オーブンレンジ。。。
しかし、元は取りましたよ。なにせ1万円のシロモノだったので。
しかも9年も使ってた(^^;

renzi.jpg
で、新しいオーブンレンジ買いました。
大手家電量販店にお勤めのお友達に相談に乗っていただき お値段の割りに高機能な○ャープのオーブンレンジにキメ手(チョキ)

ポイントは 2段調理が出来ること、スチーム機能(簡易式だけど)がついていること。
今までは庫内容量が小さくて一度に焼ける量が限られてしまうことから あまりクッキーやシュークリームは作らなかったけど これなら一度にたくさん焼ける♪♪

ということで 早速くるみのクッキーを焼いてみました。

材料
薄力粉・・・・・150g
バター・・・・・120g
砂糖・・・・・・70g
卵・・・・・・・SかM玉1個
純ココア・・・・20g
くるみ・・・・・40〜50g
チョコチップ・・30〜40g

下ごしらえ
バターと卵は使う前に冷蔵庫から出し 室温に戻しておく。
くるみを適当な大きさに刻み 170度のオーブンで7分ほど空焼きしてさましておく。
薄力粉とココアを合わせてふるっておく(できれば二度)。
オーブンを180度に余熱する

作り方
@バターをハンドミキサーでクリーム状にし 砂糖を3〜4回に分けて加える。
じゃりじゃりした感じがなくなって 白っぽくなったら 溶いておいた卵を4〜5回に分けて加え その都度よく混ぜる(分離させないように)。
Aふるっておいた薄力粉+ココアの半分を入れて 木杓子か丈夫なゴムベラで練らないように混ぜ だいたい混ざったところでくるみとチョコチップを投入。残りの粉類も入れてひとまとめにする。
Bドロップクッキーにする場合 スプーン2本を使って天板に生地を落としていく。膨らむので ある程度間隔をあけて。
生地が盛り上がってしまうようなら 水でぬらしたスプーンの背で軽く押さえる。
Cアイスボックスクッキーにする場合 生地がやわらかいのでポリ袋に入れて冷蔵庫で冷やす。1時間くらいで固くなるので 2〜3等分し 直径4cmくらいの棒状にする。
ラップで包み 冷凍庫で凍らせる(2〜3時間)。
冷凍庫から出した生地を1cmくらいの輪切りにして 天板に並べる。
D180度に余熱しておいたオーブンで15〜20分焼く。

バターがたくさん入っているので サクサクしてます。
焼きすぎると固くなってしまうので 注意します。

kuki1.jpg
簡単ですよ!O福さんいかがですか?


posted by まつやん at 22:08| Comment(6) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

かぼちゃのチーズケーキ

200808220645001.jpg
大量にいただいたかぼちゃを消費したくて チーズケーキにしてみました。
作り方は簡単です。ただ材料を順に加え 混ぜるだけ。でも意外とおいしいですよ。
みなさんもいかがですか?

るんるん材料(18cm焼き型)
かぼちゃ・・・・・1/4個(300gくらい)
クリームチーズ・・200g
バター・・・・・・50g
生クリーム・・・・200cc
グラニュー糖・・・70g
卵・・・・・・・・2個
薄力粉・・・・・・35g

るんるん作り方
@かぼちゃは皮とわたを取り除き 適当な大きさに切って電子レンジで柔らかくする。(うちのレンジでは5分くらい)
熱いうちに裏ごしておく。
Aクリームチーズとバター(ケーキ用マーガリンでも可)、卵は使う1時間くらい前に冷蔵庫から出しておく。
柔らかくなったクリームチーズをハンドミキサーで攪拌し 滑らかになったらバター、砂糖、とき卵の順に加えていく(数回に分けて加える)。
B生地がよく混ざったら @の裏ごしかぼちゃを加え ハンドミキサーでよく混ぜる。ダマにならないように。
200808211648000.jpgC薄力粉を振るいながら加え よく混ざったら18cmの焼き型に流し入れる。180度に余熱しておいたオーブンで 50分〜1時間ほど焼き 竹串を挿してみて何も付いてこなければ焼き上がり。
200808211800000.jpg

※かぼちゃは加熱して裏ごすとだいたい200gくらいになります。
※ミキサーやフードプロセッサーで混ぜてもOKです。
※オーブンの温度や焼き時間はあくまでも目安です。

グラニュー糖を切らしていたので 粉砂糖で作りましたが 甘さもちょうどよくてgoo〜〜♪
かぼちゃの甘さによって増減してもよいかも。
posted by まつやん at 09:54| Comment(11) | お菓子作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。