2009年12月14日

第2回ベートーヴェンを弾く会

先週末「第2回ベートーヴェンを弾く会」が去年と同じ市内某所スタジオで行われ 出演者のほとんどがプロの演奏家や先生方という中で 冷や汗をかきながら演奏させていただいた。 
今回は 5、6、9、11、13、16、17、18、19、20、26、30、31番の13曲が4時間半(休憩を含む)にわたって演奏された。
プログラムは番号順で5番から。ということで、私がトップバッターでございました。  
しかし 一番に弾いてしまえば後はまるごとコンサートを観客として楽しめる♪これはとってもラッキーなことだ。

とはいえ、何度経験しても人前演奏は緊張する。ただ(これは去年も感じたことだが)緊張はしていても意外と頭は冷静だったので 客席の空気も感じられたし 何はともあれ、ソナタ全楽章を最後まで弾き切ることが出来てホッとした。

演奏の内容は 普段と違う指使いをしてしまったためにつまづいてしまったり 大事な音を外してしまったり 相変わらずミスが多い。
頭は働いていたので つまづいた時も慌てず気持ちを立て直せたし「こう弾きたい」という思いは表現出来ているところもあったと思う。

5番は ベートーベンソナタを勉強する時一番最初に習うことが多い曲で 技術的に難しい箇所がそう多くあるわけではないと言われるのだが 私のような勉強中の身であればきちんと弾こうと思えばそれなりに苦労をしなければならず 特に2楽章はどう弾いていいものか最後まであれこれ悩んだ。

もともと1楽章が好きで選曲した。他の曲に比べて どうしても弾けないような超難所があるわけでもないし 手が届くと思ったから。
ところが 好きな曲だと思い入れがあって それが技術面で可能かどうかは別として「この曲をこう表現したい」という自分の思い(こだわり?)だけは強い。ただ、それを好き勝手に弾いてもなかなか人の心には届かないということを痛感した。
それが自己満足で終わるか 聴き手にも受け入れてもらえるものになるかは やっぱり地味な練習を積み重ねる以外にないのだと思う。
今回いろいろな方の演奏を聴かせていただいて 心にグッと迫ってくる演奏がいくつかあり そういう演奏をされる方は地味な練習をコツコツ積み重ねておられるのだろうなぁ〜〜と勝手に想像しながら聴かせていただいた。(あくまでも個人の感想です)

「TPO」はどんな場面でも大事。いくら私が赤が好きでも お葬式に赤い洋服は着て行かないし(たとえが極端ですね^_^;)演奏もその場にふさわしいかそうでないかを考える必要はあると思う。
趣味の仲間が集まるサークル演奏会と 今回のようにプロや専門の方とご一緒させていいただけるような場所と 今週末のM先生門下生コンサートと 自分の技量ではそれを器用に弾き分けるということは無理かもしれないけど 頭の片隅にはおいておこうと思った。
ということで 今週末は暗譜の予定です爆弾あせあせ(飛び散る汗) 

とはいえ「好きに弾ける場所」を持っているのがアマチュアの特権。ハメを外していいところではそれなりに(笑)ハジけてます^m^

恒例の「本番前の演奏」は間に合わなかったので「本番後の演奏」をUPしました。
1楽章はのちほど。

2楽章

3楽章






posted by まつやん at 16:06| Comment(6) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あら、いつの間に録音してたの?w
第2楽章なにげにいいではないですか(にやっ)
Posted by よっしー^^ at 2009年12月14日 18:32
 先日はおつかれさまでした。まつやんさんとはリハーサルからご一緒させていただいたからでしょうか、今も近くにいらっしゃるような気がするのですよ。

 私もよっしー^^さんと同じく第2楽章がよかったと思いました。試行錯誤の成果がちゃんとでていると感じましたよ。
Posted by のここ at 2009年12月14日 23:51
おつかれさまでした。
演奏もTPOですね、うん。
私も最初は身内の演奏会が気楽で、アウェーっていうんでしょうか(笑)、外のほうが緊張してたのですけど、最近は知らない人が多いほうがいいです。
身内にはいつも聴かれててよく知られてますからねえ・・だんだん手が抜けなくなってきました(殴)。進歩強迫といいますか・・(笑)。

1楽章ってどの曲も大変というか、緊張しますよね。してないつもりでも、上手くいかないことが多いといいますか・・・
まつやんの弾いた5番は、冒頭大変だと思います。和音あるし音が飛ぶし。易しい曲とは思えません。
私の弾いた11番も、冒頭いきなり死にそうなんですけど、「死にそうなんです・・・」といいながら弾くわけにもいきませんし(笑)。

・・というわけで、またご一緒いたしましょう!
Posted by ようこ at 2009年12月15日 01:21
>よっしー^^
お返事遅くなってすみません。
録音聴いてくださってありがとうございます。
2楽章、最後までよくわかりませんでしたが(笑)1楽章のように強い思い入れがないぶん かえって良かったかも??
本番直前にようやく曲になったような感じでしたが 3楽章は時間切れで仕上がらず(ToT)
もうちょっとマシにしたかったんですけどね。。。
Posted by まつやん at 2009年12月17日 22:42
>のここさん
こんばんは(^^)
こちらこそ 前日から本番後の打ち上げまで楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございます。

ここ最近、自分が苦手としているタイプの曲の方が 案外評判がよいということがちょくちょくあり それはそれで複雑な心境だったりしますが 何にせよ、評価していただけることは嬉しいです。
緩徐楽章をうまくまとめるには 技術的なこと以上に表現というか、内から滲み出る何かみたいなものが要求されますよね。
今回 他の方の演奏からいろいろなことを教えられました。
今後に生かしていきたいですね。
  
Posted by まつやん at 2009年12月17日 23:03
>ようこさん
このような会に誘ってくださりありがとうございました。おかげさまで大変良い経験が出来ました。

>近は知らない人が多いほうがいいです
えーー!?そうなんですか?
私は人見知りなので(笑)知らない人ばかりの場所で弾くのは苦手です。

そうですね、落ち着いているつもりでも 普段やらないようなことしてたり 後で録音聴いてみると テンポが不安定になっていたりするので やっぱり特別な精神状態なんだと思います。
それでも経験を積むごとによく前が見えてくるような感じがします。

>「死にそうなんです・・・」といいながら弾くわけにもいきませんし(笑)。
それそれ!私は言葉にこそしませんけど 思い切り態度に表れてしまいますから(笑)
ようこさんはいつも堂々とされていてすごいです。

次はあさってですね。
靴だけは忘れないようにします!(笑)
Posted by まつやん at 2009年12月17日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。