2009年05月18日

消し去りたい過去

M先生に師事して2年が過ぎた。
月2回のレッスンのうち、1回はゼミで グループで講義を受けたり互いに意見交換したり 楽しくお勉強させていただいている。
しかも M先生お手製のお料理やお茶をいただくこともあり これが楽しみだったりする♪

200905161057001.jpg

今回は「いちごのシロップ」
ほんのりオレンジとミントの香りがして 甘酸っぱくておいしい!作り方も教えてもらったので 今度うちでも作ってみよう。

ゼミは前半が講義で後半が実技(?)になることが多く 実技では「プレインヴェンション」や「バイエル」などを使い 楽譜の読み方や奏法を学ぶのだが それほど難しくなく 長くても1ページほどの曲でもちゃんと弾くのは本当に難しい。
そう感じているのは私だけではないようで みんな四苦八苦((((((((^_^;)
時々レッスンでも言われるのだけど 私はフレーズの始まりがぼんやりしてはっきり聞こえないことが多く 左右のバランスも悪い。出そうとしている音や左右のバランス(それだけではないけど)などを もっと強く意識する必要があると思った。
現在ゼミメンバーは私を含めて4人で 他人の演奏に対しても意見を求められるので 真剣にじっくりと聞いていると案外みんなに共通する問題点は少なくないと感じることが多い。
もちろん個々の問題点もあるけど 簡単そうに思えて見過ごされがちだが 実は誰もがうまく弾けていないようなことに気付くか気付かないかはとても大きいことだと思う。 


帰宅して お友達が作ってくれた先日のデュオコンサートのDVDを恐る恐る(笑)見てみた。
ふと、昔の自分はどんな演奏をしていたのだろう?と思い 録画したままお蔵入りとなっていたビデオテープを探し出して見てみたら・・・・

すごくヘタでした(爆)。

2000年に楽器店のレッスンに通い始めたのだが 2002、3年あたりの演奏は まともに音さえ並んでないようなシロモノ。
必死さだけは痛いほど伝ってくるが(笑)。
弾き方が相当マズく 前のめりになって鍵盤にかぶりつき、重心が上半身にあって すごく力が入って肩が上がっていた。
だから出てくる音も汚いし 見ていても息をつくヒマがない。全く余裕もなく挙動不審。ホント、直視できない(爆)。
しかも演奏はもちろん、ステージ上での立ち居振る舞いも惨憺たるもので 相当あがっていたのだろうけど 客席にお尻を向けて椅子の高さを直していたり 演奏後ガックリと肩を落としてステージからトボトボ去っていったり。
今思えば レッスンも「ただ通っているだけ」だった。うまくなりたい!と思うものの、どこかで「自分にはムリだ」と思っていた。

ネットを通じてピアノ友達の輪が広がり サークル活動を始めた頃から自分の意識がだんだん変わって 楽器もアップライトからグランドに替え その後M先生に師事するようになって現在に至る。
ピアノを再開して9年。あっという間だったけど 結構いろいろあったんだ。
今も自分の演奏にはもちろん全然満足はしていないけど こうして振り返ってみると進歩がないわけでもない。
10年後に現在の映像を見た(聴いた)時 今と同じうように感じることが出来れば 少しずつではあっても向上しているということなのだろう。

しかし・・・
おばさん度は急速にアップグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)してましたが、何か?〜(m ̄- ̄)ノ 〜(((怨

posted by まつやん at 16:45| Comment(12) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私がM先生に師事したら、確実に太る。。。
毎回毎回美味しそうです。

「子曰く、これを知るものは、これを好む者に如かず。これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。」
ってやつですね! 
M先生お手製のお菓子を楽しみにゼミに参加し、そして楽しみながら弾くピアノに勝るもの無し。険しい修業もWの楽しみで乗り越えられる♪


…そして機会があれば私もお裾分けを楽しみに。。。(それは有り得ないしw)


Posted by だい at 2009年05月18日 23:01
お〜、こちらにもアップいただいたんですか(^^)!
私の方も、おかげさまで素敵な記事に変身できました(^^;)。
本当に、ありがとう(__)。
ただ、うちは写真のサイズが小さくて、変更できないようです。
やはり、食べ物は、アップの写真が見た目に綺麗ですよね。

過去の演奏…。
自己研鑽を続けている人は、過去の録音・録画から、
少なからず同じようなことを感じるでしょう。
でも、次のことも覚えておくとよいですよ!
(成長した)今の自分とは違う過去の演奏には、
意外にも、現在の自分から、
次なるステップへのヒントが隠されていることもあるのです。

どんな時代の演奏にも、
その人自身が持っている本質的な良さは、
生きているものだと、私は思っています。
もしかして、もう何年かたってそのDVDを見た、
また違った感覚を持つかもしれないですね!
人間の感覚は、日々変化するものですから…。

しかし、だい様のコメント↑、素晴らしい言葉の引用ですね〜(^^)。
私は、漢文は苦手分野ですが、孔子の論語かな?
いつか“特別講師”としてお招きですかね〜(^^;)。



Posted by miwako at 2009年05月19日 00:45
私も去年11月のサークル発表会のシューベルト即興曲9-4、、、初めて自分が人前で弾いている映像をみたのですが、そのひどい状態に硬直しながら、切るスイッチに手をかけて必死に最後まで見ました。
あとは夫に見つからない場所にDVDを隠しました。(わぁ〜いさんスミマセン)

そろそろ6月の発表会も近くなってきたし、勇気を出して観て、自分への叱咤にしようかな。と思っているところです。
Posted by るみ at 2009年05月20日 08:53
同じで〜安心しました
私も教室の発表会のDVDをまだ見られず
作って頂いて申し訳無いと思いつつ棚に突っ込んだままでした

他人の事なら記念にとか、教材にとか言ってむりやり撮って渡してますが…情け無い

次の曲に行く前でもあり まつやんの記事で見る事に(>_<)………××
本番は練習の成果より集中力、楽しむ思いが私の場合必要かな?

ついでにピアノを始めて最初に人前で弾いた録音を聞くとキット今の方が上手く弾けるとは思いますが〜
下手でぎこち無いですが丁寧で音の粒がそろい初めてにしては良いじゃん(今は雑かな)

M先生が言われる『次なるステップへのヒントが隠されていることもあるのです』
が何となく感じ生かせればよいのですが…



Posted by わぁ〜い at 2009年05月20日 09:53
更新待ってましたよ!いちごのシロップってジュースみたいな感じですか?それともゼリーみたいな感じです?おいしそうですね〜すみません、お菓子にしか反応できなくて。ピアノのうまい人はお菓子作りもうまいのかな〜
Posted by O福 at 2009年05月20日 21:16
>だいちゃん
「子曰く、これを知るものは、これを好む者に如かず。これを好む者は、これを楽しむ者に如かず。」
ってやつですね! 

おっ!!だいちゃん、さすがぁ〜〜( ̄∀ ̄*)
ほんと、そうだよね。
何やかんやで練習出来なくて 全然上達していない時も結構あるけど それでもレッスンは楽しい♪ やっぱり好きなんだなぁ〜〜ピアノも食べることも。

だいちゃんはお酒を飲まないから 梅酒とか漬けないよね?私は今年こそ漬けよう!と思ってる。
コツとか知ってたら教えて(*^-゜)v
Posted by まつやん at 2009年05月20日 23:02
>miwako先生
いちごシロップ、ごちそうさまでした。
色もキレイだし 味もすごく自然ですよね。いちごをあらかじめ凍らせておくというのに驚きました。そういえば、豆腐をパックのまま凍らせて煮物等に入れると すがたったみたいになって味が沁みやすいと聞いたことがあります。そういう感覚かも?


>ただ、うちは写真のサイズが小さくて、変更できないようです。

先生のブログはサムネイル表示になってますよね?表示の方法は選べないのですか?
ここのブログは サムネイル表示か原寸大表示かが選べるようになっています。(何も指定しないとサムネイル表示になる)
でも ちょっとピントの甘い写真はサムネイル表示の方がいいかも(^^;


>どんな時代の演奏にも、
その人自身が持っている本質的な良さは、
生きているものだと、私は思っています。

そうかも知れません。
他人のよいところはわかるのに 自分のこととなると・・・ついあら探しみたいになってしまいます。
次なるステップへのヒントですか。なるほど、わかるような気がします。
次のレッスンの時にでも 是非続きを聞かせてください。

だいちゃんは とても気が利いて 他人に気配り出来る男性です。きっと先生とも仲良くなれると思います。
もっと近くに住んでいればなぁ。。。



 
Posted by at 2009年05月20日 23:24
>るみさん
こんばんは。こないだは楽しかったですね♪

>切るスイッチに手をかけて必死に最後まで見ました。
みんな同じようなことしてるのね(笑)
サークルコンサートの時いつも思うのだけど メンバーはみんな聴き上手だと思いませんか?
他人の演奏をじっくり聴いて 正直な感想を伝えていますよね。
でもなかなか自分の演奏を客観的に見る(聴く)のは難しいですね。
演奏以外の部分にも目が行きますし(^_^;)

>勇気を出して観て、自分への叱咤にしようかな。と思っているところです。
それはいいですね!ちょっと時間が経ってから見ると また違う思いを抱くかもしれませんし。

練習会参加されますよね?かじやんとの連弾も楽しみにしています。
Posted by まつやん at 2009年05月20日 23:56
>わぁ〜いさん
こんばんは。
DVD、ありがとうございました。いつもお世話になりっぱなしで・・。

>私も教室の発表会のDVDをまだ見られず
そうなんですか?
わぁ〜いさんが作ってくださったDVDは 手元もよく映っているので 他の方の演奏を参考にさせてもらったりしています。

>下手でぎこち無いですが丁寧で音の粒がそろい初めてにしては良いじゃん(今は雑かな)
こんな風に感じられるって素晴らしいですね。
やはり良いところもあるはずで・・・。
何年か経ったら また見てみたいと思います。

あるアスリートが「試合では練習のように、練習では試合のように」とおっしゃっていました。ほんと、その通りですよね。
私にとっては難しいことですけど。。。
Posted by まつやん at 2009年05月21日 00:26
んーと、言うほど悪くなかったのでは?
DVD拝見拝聴させていただきました。
中間ミスタッチはあったけど、そんなに気にならなかったし、なんか内からにじむおばちゃんならではのパッションが伝わってきましたよ。
あのDVDのハンガリー舞曲のところをYに国際放送(?)で全部聴かせたんだけど、彼女が最初に言ったのは、まつやんとかじやんのが上手いって言ってたよ。彼女、ピアノ歴だけは長かったからね。結構鋭いところいってくるんだけどw
さすが、おばちゃんパワー!師匠は違うw
Posted by よっしー^^ at 2009年05月21日 16:46
>O福さん
こんばんは〜〜。
「いちごシロップ」は ジュースみたいな感じです。オレンジとミント(先生宅で収穫された)が入っていて 爽やかで自然な甘さ!
O福さんもきっと気に入られると思いますよ。

>ピアノのうまい人はお菓子作りもうまいのかな〜
先生の作るお料理やお菓子は 味はもちろんのこと、器や盛り付けや器のセンスが良くオシャレです。それに よく勉強されています。
音楽もお料理も 何でも考え方は同じかも〜?
Posted by まつやん at 2009年05月23日 23:17
>よっしー^^
私がDVDを見てビックリしたのは 袖から出てくる時 めっちゃドスドスと歩いてた((((((((^_^;) 袖で待っている時は緊張していたはず・・・でも もろに素が出てました。とても緊張しているとは思えないふてぶてしさ(笑)

>内からにじむおばちゃんならではのパッションが伝わってきましたよ。
ん?それはホメ言葉ですよね?( ̄∀ ̄*)
でも嬉しいかも。それを目指してました。
おばちゃんバンザイ!ですよ(爆)

おじちゃんも 豊富な人生経験を生かして味のある演奏が出来ますよ〜〜。お互い頑張りましょう(ニヤ)
Posted by まつやん at 2009年05月23日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。