2008年12月23日

クリスマスコンサート2008(2)

客席でゆっくりみんなの演奏を聴く余裕がなかったのは本当に残念なのだが 先生に録音を一通り聞かせていただいた。
子どもさんたちの演奏は みんな綺麗な音でしっかりと弾かれているな、と感じた。M先生が普段どのような指導をされているのかも何となく見えてくる気がした。

大人の方々もまた「聞かせる」演奏ばかりで 今年新たに門下生となられたお二人も かなりの実力の持ち主と思われる。私たちと同じ再開組らしいのだが 音に「根性」が見えた(笑)。

よっしー^^の「悲愴3楽章」は ゼミの時にうまくいかなかった箇所を克服してきていた。細かい練習をされたのだと思う。苦戦していたスケールも心配するほどのことはなく 全体をうまくまとめていた。

かじやんは 2週間前のリハで暗譜がぽろぽろこぼれていたのに(笑)さすが、本番はビシッと決め 周囲を驚かせた。M先生もおっしゃってたが ほんと、相当な根性の持ち主だと思う。ステージもかなりの数をこなしているし そのせいか大きな失敗は絶対にしない。安心して聴いていられる。

そしてようこさん。なんと言いましょうか、ステージに一歩踏み出した瞬間に客席の空気を変えてしまう。音を出す前からこの人はタダモノじゃないな?と思わせてしまうからすごい。
もちろん、最初の一音でそれを証明してしまうからなおすごい!!
「イゾルデ」は何度か聴かせていただいたが 理屈じゃなくじかに心に訴えかけてくる演奏で 本当はものすごく緻密に計算され尽くしているのだろうけど 聴き手にそれを一切感じさせずすべてが自然。ピアノがうまい人はいっぱいいるけど その中でもこんなに強烈な存在感を持った人はあまりいないと私は思う。
少しでも近付きたいと頑張っているけど 引き離されてばっかりだ(笑)。

第3部は管弦ソロ・アンサンブル。
M先生の発表会に出させていただくのはこれで3度目だが 他の発表会にはなかなかないのがこういう部分で 私は個人的に結構好きだ。
なので 今回私からエレキギターのT氏に声をかけさせていただき エレキギター&ピアノの夢のコラボ(?)が実現した。
曲は 福山雅治の「知覚と快楽の螺旋」。ドラマでおなじみの曲だが 原曲のイメージにはほど遠いギャグバージョンとなってしまい 私たちの後のとりの演奏をつとめられたサックス&ピアノの方々があまりに素晴らしかったため まるで前座(爆)。
練習期間が短かったのはマズかった。次回からはもっと早く準備を進めよう。←またやるのかっ!?
完成度は低かったが すごく楽しかった。観客の失笑をかったが 余興としての役割は果たせたかも(笑)。

最後はM先生の講師演奏で締めくくられた。
今回は モーツァルト「幻想曲ハ短調K.475」。
このような盛大なコンサートを企画からすべて一人で手掛けられ しかも必ずご自分の演奏も披露される。
コンサートの準備だけでも大変なのに 門下生の指導とご自分の演奏の準備と きっと寝るヒマもなかったと思われるが 毎年欠かさずそれを続けられる。本当に素晴らしいことだ。なかなかできることではないと思う。そういう姿勢も見習いたい。


本番が続いて常に何かに追い立てられているような2ヶ月だったが 振り返ってみると大変な思いをしただけ大きなものも得たように思う。
3回の本番演奏がどれも大成功だったわけではないが 小さな成功がいくつかあった。
これからも小さな成功を重ねて 自信につなげていきたい。

本番が終わるまで考えないようにしていた大掃除と年賀状・・・誰かかわってください←毎年言ってる*~●))))☆O=(`_` )パンチ!

お粗末ですが 本番の演奏です。


posted by まつやん at 23:44| Comment(5) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさんでした。

いや〜、頑張りましたっ・・ハナマル(爆)。
そうかあ、半年近くかかえていた曲だったんですよね。それは達成感もひとしおでしょう。
私は、楽譜を用意したのが昨年の11月だったので、だらだらと1年近くやってました。その間、たくさんほかの曲もやってはいましたけど・・。まじめにやったのは、5月から8月と、あと今月の2週間。やっぱり時間のかけかたの緩急や軽重はありました。

アンサンブルは楽しいですよね。ぜひまたご披露ください。なかなかいいノリでした。単独でレパートリーにしてもいい曲ですよね・・・お座敷でもウケると思います(笑)。

来年はソロはなにをされるのでしょう?
ファリャの火祭りなんかどうです?ヌンチャク付きで(爆)。


Posted by ようこ at 2008年12月24日 00:36
本番であの曲をあそこまで聴かせるとは・・・最初の和音が響いた時、一瞬ケンプかと思いましたが(笑)マジでそのうち弟子入りするかもw

>よっしー^^の「悲愴3楽章」は ゼミの時にうまくいかなかった箇所を克服してきていた。細かい練習をされたのだと思う。苦戦していたスケールも心配するほどのことはなく 全体をうまくまとめていた
残念でした。僕は細かい練習は嫌いなのでしてません。だから、終盤も和音も違ったまま弾いている(はず)です。スケールは1つ外せばやはり駄目です。基礎がなってないのがバレバレですから。

今後ともナイスチャレンジを期待しています^^
Posted by よっしー^^ at 2008年12月24日 06:30
う〜ん、ここによっしー^^と私がコメントいれてるはずなのに、クリックするとゼロになってしまうのはなぜ?
Posted by ようこ at 2008年12月24日 17:26
>ようこさん
すみません、このブログ時々はぶてるんですよ((((((((^_^;)
コメントが入るとメールで知らせてくれるし 管理画面でコメントも読めるんですが ナゼかなかなか反映されなかったりします。

ハナマル、ありがとうございます(*'▽'*)♪
先生のアドバイスはもちろんですが ようこさんから言われたことも毎回かなりのヒントになります。
今回は 息を長く歌うこと、直前のM先生のレッスンでも同じこと言われましたが これがとても大きかったです。ありがとうございました。

次のソロは 多分モーツァルトになると思います。
実は 初めてです。ベートーヴェンにしてしまいそうでコワイですが(笑)。
ファリャの火祭り、大好きですよ!死ぬまでには挑戦したいと思います。
Posted by まつやん at 2008年12月24日 22:44
>よっしー^^
最初の和音、案外難しいです。オクターブなので手はギリギリだし なかなかうまくいきませんでした。
とにかく出だしの1ページ半に苦労しました。いまだに満足に弾けませんが。。。

確かにスケールは音ひとつ外すと階段踏み外すように崩れていきますよね(^^; 私もあの曲ではスケールで苦しみました。ま、私のあの大失敗の演奏は そんなレベルの話じゃなかったですけど。

よっしー^^ほどではないかもしれないけど 私も死ぬまで理想は高く、と思ってますよ。でも自分を認めることも必要だと最近思います。(全面的に、という意味ではない)
基礎力、私も欲しいですね〜〜根性だけで弾いてますから(爆)。
Posted by まつやん at 2008年12月24日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。