2008年12月23日

クリスマスコンサート2008(1)

M先生門下生と音楽仲間による2008年クリスマスコンサートが無事終了いたしました。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございます。みなさまの支えがあってこそ 今の私があるのだと思っております。本当に感謝しています。


シューベルトの「即興曲Op.90-1」はこのコンサートのために選曲し 半年間弾いてきた。サークルコンサートでは まだまだやるべきことをたくさん残していて ある意味「通過点」だったのだが 今回は「完成形」として出さなければならない。
サークルコンサートが終わった時点でできていなかった数々の課題を 1ヶ月でどれだけ克服できるか。のんびりやっていたのでは とても間に合わない。

まずは 最大の課題である「暗譜」に取り掛かった。本当は サークルコンサートの時点で暗譜まで出来た状態にしておきたかったのに その前のベートーヴェンにおされて準備が遅れ 暗譜どころか、大変ヤバい状況。
技術的にそこまで難しい曲ではないのだが 長くて構成が複雑でなっかなか覚えられない。2週間暗譜に掛かりっきりだったにもかかわらず リハーサルでその成果がまったく出なかったことから あと2週間を暗譜だけに費やすのは時間の無駄だと思い暗譜は断念。
人前で弾くなら暗譜してはじめて完成、というなら 今回完全な完成形には出来なかったのだけど これもひとつの反省点として次に生かしていきたい。

暗譜は出来なかったが 他の課題は多少解決したものもあった。
毎度毎度同じことを言っているような気もするけど 譜読みに時間のかかる私としては 一通り楽譜通りに音を並べるだけでも大変なことだが 実は本当の苦しみはそこから先。
私はひとつの曲をパーツパーツで捉えてしまって 全体の流れがよくなかったり 各場面の表現がちぐはぐだったりするので 先生や友達のアドバイスを取り入れながらなんとか自分なりにまとめるまで苦労した。
日本人だから?体に染み付いているリズムが2拍子なのか?何を弾いても行進曲風になってしまうのも大きな課題なのだが シューベルトは「歌」が何よりも大事。それを「軍歌」にしてしまっては曲の雰囲気ブチ壊しだ。メロディーが横に流れていかずブチブチ切れてしまうので 優雅に息長く歌えるよう意識して練習に励んだ。
本番で練習の成果は多少出せたかもしれないけど これについては 克服するまでにはまだまだ時間が必要かも。。。

他にも数え切れないくらい課題はあったが たとえ家でその課題をみんな克服できたとしても 予想だにしなかったことが起こるのが本番だ。
まず、靴とストッキングを忘れた(爆)。
しかも 控え室で着替えを始めるまで全然気付かず。ストッキングは予備を持っていたかじやんに、靴はようこさんに借りることで事なきを得たが まったく、アホとしか言いようがない。
当日は頭が働かないので 必ず前日に用意すること。はい、肝に命じます((((((((^_^;)
  
M先生の発表会では 本番1〜2週間前に 本番と同じ会場でリハーサルがあるのだが(本番の会場でやることに意味があるとM先生はおっしゃる)今回リハーサルの大事さを実感した。
まずは自分の出した音が会場ではどのように聞こえるのか音響やピアノによって随分違うので それは必ず把握しておく必要がある。他人の演奏を聴いてみることも必要だ。
譜面台を立てている状態だと 自分の方にあまり音が聞こえてこないが 客席には充分届いていることが多いので 楽譜を見て弾くならこれもよく計算しておかなければならない。
大ホール+フルコンの環境で弾いた経験があまりないので リハでは音の響きが豊かなことにとても驚いた。これは普通通りペダルを使うと響き過ぎるかもしれない。ピアノも鍵盤がとても軽く 音の伸びもよい。高音も綺麗な音だ。さすがY社フルコン!

と、いろいろ情報を収集してきたにもかかわらず 本番ではその環境を生かした演奏は出来なかった。
録音を聴いてビックリしたのがffの部分。ものすごーーくムキになって弾いている(爆)どのくらいの音量が出ているか自分でわかっていなかった。
しかし これは貴重な体験。身をもって実感したことでなければなかなか身につかない。
前回もそうだったのだけど 途中で集中力が切れてしまってくだらないミスをしてしまうこと、どうしても弾き直してしまうクセは何とかしたい。
ただ ピアノと音響のよさに助けられ 苦手だった冒頭のpp部分がいいカンジで弾き始められたので 波に乗れたかもしれない。
先月に2回、これで3回目の本番で ミスに慌てなくなったのも大きな収穫だ。

こういう経験を沢山積んで いつか自分が納得のいく演奏が出来る日が来ることを信じて前向きに頑張ろう。

(2)に続く
posted by まつやん at 20:34| Comment(4) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだまだ素足でも充分イケルお年頃なのに…(・┰・) ベー

何はともあれお疲れさまでした!
Posted by だい at 2008年12月23日 22:26
先日はお疲れ様でした!
半年間この曲に取り組んでこられたのですね。蓄積のあとを感じさせる演奏でした。まだまだ満足されていないところがあるかと存じますが、客席には思いが伝わってくる演奏でした。インパクトがありました。
自分の出した音が会場ではどのように聞こえるのかということの確認も必要なんですね。ホールの場合はまた違うのでしょうね。
本当に充実した発表会でした。私もこれからがんばろう、と思えました。すぐにうまくなることばかりを考えずに、蓄積を感じさせられるようにちゃんと練習しようと思いました。励みになってよかったです(^^)
Posted by のここ at 2008年12月23日 23:37
>だいちゃん

まだまだ素足でも充分イケルお年頃なのに…(・┰・) ベー

いやいや、単なるアホです。
でも もしも知り合いがいなかったらマジでそうなってたし( ̄Д ̄;;
ドレスにはだし・・・頭イッちゃってるぢゃん!
Posted by まつやん at 2008年12月24日 22:18
>のここさん

遠いところお越しくださり ありがとうございました。
ホント、何度も言ってるけど サークルのお友達の声援は何よりの励みになります。感謝しています。

インパクトがありましたか?それはとても嬉しいです。
長い曲だと聞いている方も退屈してしまいますから 一箇所でも「おっ!!」というところを作りたかったんです。ただ、やりすぎだったかも(爆)。

>すぐにうまくなることばかりを考えずに、蓄積を感じさせられるようにちゃんと練習しようと思いました。

すぐにうまくなりたいのは誰だって同じだと思いますよ。そんなうまい話は残念ながらないですけど(笑)
でも 大事なのは「うまくなりたい!」と思う気持ちだと思います。それさえあれば いつかはうまくなると信じてやってます。
お互いこれからも頑張りましょう♪
Posted by まつやん at 2008年12月24日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。