2008年12月23日

クリスマスコンサート2008(2)

客席でゆっくりみんなの演奏を聴く余裕がなかったのは本当に残念なのだが 先生に録音を一通り聞かせていただいた。
子どもさんたちの演奏は みんな綺麗な音でしっかりと弾かれているな、と感じた。M先生が普段どのような指導をされているのかも何となく見えてくる気がした。

大人の方々もまた「聞かせる」演奏ばかりで 今年新たに門下生となられたお二人も かなりの実力の持ち主と思われる。私たちと同じ再開組らしいのだが 音に「根性」が見えた(笑)。

よっしー^^の「悲愴3楽章」は ゼミの時にうまくいかなかった箇所を克服してきていた。細かい練習をされたのだと思う。苦戦していたスケールも心配するほどのことはなく 全体をうまくまとめていた。

かじやんは 2週間前のリハで暗譜がぽろぽろこぼれていたのに(笑)さすが、本番はビシッと決め 周囲を驚かせた。M先生もおっしゃってたが ほんと、相当な根性の持ち主だと思う。ステージもかなりの数をこなしているし そのせいか大きな失敗は絶対にしない。安心して聴いていられる。

そしてようこさん。なんと言いましょうか、ステージに一歩踏み出した瞬間に客席の空気を変えてしまう。音を出す前からこの人はタダモノじゃないな?と思わせてしまうからすごい。
もちろん、最初の一音でそれを証明してしまうからなおすごい!!
「イゾルデ」は何度か聴かせていただいたが 理屈じゃなくじかに心に訴えかけてくる演奏で 本当はものすごく緻密に計算され尽くしているのだろうけど 聴き手にそれを一切感じさせずすべてが自然。ピアノがうまい人はいっぱいいるけど その中でもこんなに強烈な存在感を持った人はあまりいないと私は思う。
少しでも近付きたいと頑張っているけど 引き離されてばっかりだ(笑)。

第3部は管弦ソロ・アンサンブル。
M先生の発表会に出させていただくのはこれで3度目だが 他の発表会にはなかなかないのがこういう部分で 私は個人的に結構好きだ。
なので 今回私からエレキギターのT氏に声をかけさせていただき エレキギター&ピアノの夢のコラボ(?)が実現した。
曲は 福山雅治の「知覚と快楽の螺旋」。ドラマでおなじみの曲だが 原曲のイメージにはほど遠いギャグバージョンとなってしまい 私たちの後のとりの演奏をつとめられたサックス&ピアノの方々があまりに素晴らしかったため まるで前座(爆)。
練習期間が短かったのはマズかった。次回からはもっと早く準備を進めよう。←またやるのかっ!?
完成度は低かったが すごく楽しかった。観客の失笑をかったが 余興としての役割は果たせたかも(笑)。

最後はM先生の講師演奏で締めくくられた。
今回は モーツァルト「幻想曲ハ短調K.475」。
このような盛大なコンサートを企画からすべて一人で手掛けられ しかも必ずご自分の演奏も披露される。
コンサートの準備だけでも大変なのに 門下生の指導とご自分の演奏の準備と きっと寝るヒマもなかったと思われるが 毎年欠かさずそれを続けられる。本当に素晴らしいことだ。なかなかできることではないと思う。そういう姿勢も見習いたい。


本番が続いて常に何かに追い立てられているような2ヶ月だったが 振り返ってみると大変な思いをしただけ大きなものも得たように思う。
3回の本番演奏がどれも大成功だったわけではないが 小さな成功がいくつかあった。
これからも小さな成功を重ねて 自信につなげていきたい。

本番が終わるまで考えないようにしていた大掃除と年賀状・・・誰かかわってください←毎年言ってる*~●))))☆O=(`_` )パンチ!

お粗末ですが 本番の演奏です。


posted by まつやん at 23:44| Comment(5) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスコンサート2008(1)

M先生門下生と音楽仲間による2008年クリスマスコンサートが無事終了いたしました。
応援してくださったみなさま、本当にありがとうございます。みなさまの支えがあってこそ 今の私があるのだと思っております。本当に感謝しています。


シューベルトの「即興曲Op.90-1」はこのコンサートのために選曲し 半年間弾いてきた。サークルコンサートでは まだまだやるべきことをたくさん残していて ある意味「通過点」だったのだが 今回は「完成形」として出さなければならない。
サークルコンサートが終わった時点でできていなかった数々の課題を 1ヶ月でどれだけ克服できるか。のんびりやっていたのでは とても間に合わない。

まずは 最大の課題である「暗譜」に取り掛かった。本当は サークルコンサートの時点で暗譜まで出来た状態にしておきたかったのに その前のベートーヴェンにおされて準備が遅れ 暗譜どころか、大変ヤバい状況。
技術的にそこまで難しい曲ではないのだが 長くて構成が複雑でなっかなか覚えられない。2週間暗譜に掛かりっきりだったにもかかわらず リハーサルでその成果がまったく出なかったことから あと2週間を暗譜だけに費やすのは時間の無駄だと思い暗譜は断念。
人前で弾くなら暗譜してはじめて完成、というなら 今回完全な完成形には出来なかったのだけど これもひとつの反省点として次に生かしていきたい。

暗譜は出来なかったが 他の課題は多少解決したものもあった。
毎度毎度同じことを言っているような気もするけど 譜読みに時間のかかる私としては 一通り楽譜通りに音を並べるだけでも大変なことだが 実は本当の苦しみはそこから先。
私はひとつの曲をパーツパーツで捉えてしまって 全体の流れがよくなかったり 各場面の表現がちぐはぐだったりするので 先生や友達のアドバイスを取り入れながらなんとか自分なりにまとめるまで苦労した。
日本人だから?体に染み付いているリズムが2拍子なのか?何を弾いても行進曲風になってしまうのも大きな課題なのだが シューベルトは「歌」が何よりも大事。それを「軍歌」にしてしまっては曲の雰囲気ブチ壊しだ。メロディーが横に流れていかずブチブチ切れてしまうので 優雅に息長く歌えるよう意識して練習に励んだ。
本番で練習の成果は多少出せたかもしれないけど これについては 克服するまでにはまだまだ時間が必要かも。。。

他にも数え切れないくらい課題はあったが たとえ家でその課題をみんな克服できたとしても 予想だにしなかったことが起こるのが本番だ。
まず、靴とストッキングを忘れた(爆)。
しかも 控え室で着替えを始めるまで全然気付かず。ストッキングは予備を持っていたかじやんに、靴はようこさんに借りることで事なきを得たが まったく、アホとしか言いようがない。
当日は頭が働かないので 必ず前日に用意すること。はい、肝に命じます((((((((^_^;)
  
M先生の発表会では 本番1〜2週間前に 本番と同じ会場でリハーサルがあるのだが(本番の会場でやることに意味があるとM先生はおっしゃる)今回リハーサルの大事さを実感した。
まずは自分の出した音が会場ではどのように聞こえるのか音響やピアノによって随分違うので それは必ず把握しておく必要がある。他人の演奏を聴いてみることも必要だ。
譜面台を立てている状態だと 自分の方にあまり音が聞こえてこないが 客席には充分届いていることが多いので 楽譜を見て弾くならこれもよく計算しておかなければならない。
大ホール+フルコンの環境で弾いた経験があまりないので リハでは音の響きが豊かなことにとても驚いた。これは普通通りペダルを使うと響き過ぎるかもしれない。ピアノも鍵盤がとても軽く 音の伸びもよい。高音も綺麗な音だ。さすがY社フルコン!

と、いろいろ情報を収集してきたにもかかわらず 本番ではその環境を生かした演奏は出来なかった。
録音を聴いてビックリしたのがffの部分。ものすごーーくムキになって弾いている(爆)どのくらいの音量が出ているか自分でわかっていなかった。
しかし これは貴重な体験。身をもって実感したことでなければなかなか身につかない。
前回もそうだったのだけど 途中で集中力が切れてしまってくだらないミスをしてしまうこと、どうしても弾き直してしまうクセは何とかしたい。
ただ ピアノと音響のよさに助けられ 苦手だった冒頭のpp部分がいいカンジで弾き始められたので 波に乗れたかもしれない。
先月に2回、これで3回目の本番で ミスに慌てなくなったのも大きな収穫だ。

こういう経験を沢山積んで いつか自分が納得のいく演奏が出来る日が来ることを信じて前向きに頑張ろう。

(2)に続く
posted by まつやん at 20:34| Comment(4) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

シューベルト即興曲Op.90-1

サークルのサロンコンサートから一ヶ月近くが過ぎ M先生の門下生コンサートいよいよあさってになりました。

サロンコンサートでは いろいろ課題を残したままになってましたが・・・一ヶ月で果たしてどこまで克服できるか?と頑張りました。

相変わらずうまくいかないところもあれば 多少はつかめてきたところもあります。
ただ・・・暗譜が間に合わずもうやだ〜(悲しい顔)

サロンコンサートが終わって暗譜に取り掛かり 家ではなんとか弾けるものの、2週間前のリハーサルで撃沈あせあせ(飛び散る汗)バッド(下向き矢印)
このままだと残りの時間を暗譜するだけに費やしてしまいそうだったので 暗譜は断念。

じゃ〜〜さぞかし完成度を上げたのでしょうね、とのツッコミはなしで(笑)

MP3のお部屋にUPしました。
ご意見お待ちしておりますm(__)m
posted by まつやん at 18:17| Comment(4) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。